メディカルカフェ

メディカルカフェ
メディカルカフェ2021-10-22T12:44:00+09:00

メディカルカフェのご案内

「患者・医療スタッフ・専門家との対話を重視したサロン形式のカフェ」。提唱者は順天堂大学教授樋野興夫先生。
OCCでの開設がモデルケースとなり、教会が地域社会において期待される役割を果たすきっかけとして、伝道への大きな足掛かりになればと願っています。

スケジュール

パーソナリティ

樋野興夫
樋野興夫順天堂大学教授/一般社団法人 がん哲学外来理事長
順天堂大学医学部病理・腫瘍学教授、医学博士。米国フォックスチェイスがんセンター、がん研実験病理部部長等を経て現職。2008年「がん哲学外来」を開設。高松宮妃癌研究基金学術賞受賞。著書に『いい覚悟で生きる』ほか。

皆さまにご報告させていただきます。
2020年12月24日、榊原寛先生は、献身の生涯を走りぬき天に凱旋されました。

2020年3月、お茶の水クリスチャン・センター(=OCC)副理事長を退かれ4月に顧問に就任。
25年余、ラジオ・テレビのパーソナリティーを経験。サンフランシスコでも13年、テレビの番組を通してキリストの愛を語り続けてきました。
著書に「あなたを生かすもの」「それでも主が共に」

第一回メディカル・カフェは、2012年5月26日(土)樋野興夫先生をお迎えして、 柏木哲夫先生の「生きること、寄り添うこと」の記念講演会として開催されました。榊原先生はファシリテーターの皆様とともにあって、総合司会として関わられていました。
月に一度のメディカル・カフェを楽しみにして来てくださっていることが皆様の笑顔から伝わってきました。
毎回70名から100名の方がおいでくださり、先生は皆様に愛され慕われる存在でした。
OCCでの開設がモデルケースとなり、今では各教会でもメディカル・カフェが開催され地域社会において期待される役割を果たすきっかけとなりました。

追悼番組をCGNTVさんが作成くださいましたこと心から感謝申し上げます。

(宣教部 植村)

「榊原寛師逝去~その生涯と働きを偲んで」

「伝道者の生涯を生き抜いて多くの魂にジーザスの素晴らしさまたその福音を伝え続けながら天国へと凱旋した大先輩に感謝です」 – アーサーホーランド師 –

活動レポート