読み込み中...
Home2022-07-30T15:48:33+09:00

5月以降の事務局営業について

いつもご愛顧いただきありがとうございます。

5月以降の事務局営業時間につきましては、 10時から18時まで とさせていただきます。

貸会議室は20時までご利用いただけます。(宣教協力によるチャペル使用は18時までとなります。)

ご理解の程、宜しくお願い致します。
ご不明な点等ございましたら、03-3296-1001までお電話くださいませ。

(サービス課・佐藤)

★2022年主催集会に関するお知らせ

主催集会一部再開のお知らせ
新型コロナ対策の「まん延防止等重点措置」が3月21日の期限をもってすべての地域で解除されたことに伴い、水曜礼拝は、4月13より集会を再開させていただくこととなりました。フライデーナイトに関しては、引き続き事前登録にご協力を頂きまして、アーサー・ホーランド師の集会はライブで開催させていただきます。関根一夫師はしばらくはオンライン配信でのみの開催となります。
賛美と聖書の集い(ルリ子・ボーマン師)は、4月8日から、当分の期間は愛餐は行わず、お昼の集会(第二、第四金曜日)において開催させて頂きます。
感染再拡大に警戒を続けるとともに、開催制限を緩和していきたいと願っております。
皆様のご健康が守られ恵まれますようにお祈りします。
今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

(宣教部 植村)

水 曜 礼 拝

4月13日から再開させて頂きました

フライデーナイト

※9月2日の開催申込みにリンクしています
募集開始は8月6日からです

※ボタンをクリックしていただきますと、各イベント集会のご案内にとぶことができますので詳細をご確認お願い申し上げます。
フライデーナイトにおきましては、開催日の参加の事前登録申込みフォーム」をご用意しております

2020年2月から日本列島はコロナ禍にみまわれました。
当フライデーナイトのライブでの集会も3月から中止を余儀なくされ、オンライン配信に切り替えて開催してまいりました。
2021年9月30日に緊急事態宣言が解除され、10月1日にはライブでの集会をリスタートし、復活の兆しが見えていた中、再び、2022年1月21日から2月13日までとして「まん延防止等重点措置」が適用され、終わることなく、3月21日まで延長となりました。
そのため再びライブ集会は中止となり、2月、3月のフライデーナイトは、オンライン配信でのみの開催となりました。そのような中、3月21日に解除となり、4月からライブ集会を開催することとなりました。
このような中にありましても皆様からのますますのご支援を賜りまして心から感謝を申し上げます。
以前のように皆様に自由にご来場いただく日を待ち望みつつおります。
このような状況下ですので、変わらずの注意を怠らず、事前にお申込みを頂き、少人数様からの開催とさせて頂きたくご協力をよろしくお願い申し上げます。

フライデーナイトでは、コロナ感染防止策として三密を避けるため、皆さまにお集まり頂く際、申込事前登録でのご参加をお願い申し上げております。ホームページにフライデーナイトアーカイブ動画を掲載させて頂いておりますのでご視聴頂くことができます。

〇「集会に参加したい」→「フライデーナイト」からご覧いただけます。(ライブ集会を収録し、翌月の掲載となります)

(※ 過去動画につきましては、現在、OCCホームページのイベントカレンダーやYouTubeでご覧いただけます。)

今後ともかわらずのご支援・応援のほどよろしくお願い申し上げます。

( 宣 教 部・植 村 )

OCCについて知りたい
OCCについて知りたい
伝える・整える・支えるを軸に、集会の開催・聖書の教育・集会室の提供などを行っています。

さらに詳しく
集会に参加したい
集会に参加したい
OCC主催の集会やその他のイベントカレンダーはこちらからご確認ください。
さらに詳しく
部屋を借りたい
部屋を借りたい
様々な集会・学びのために多目的伝道スペースとして集会室をご提供しています。
さらに詳しく
お茶の水聖書学院
お茶の水聖書学院
OCCが営む超教派の学院で、主に信徒の方々が「聖書」と「教会音楽」を学んでいます。
さらに詳しく

日々の聖書とメッセージ

ヨハネの福音書1章18節

いまだかつて神を見た者はいない。父のふところにおられるひとり子の神が、神を説き明かしされたのである。(ヨハネの福音書1章18節) 1.エレミヤ書9章23節―24節 2.ヨハネの福音書3章1節―15節 3.ヨハネの福音書14章1節―27節 4.コリント人への手紙第二12章1節―10節 2019年にオーストラリアのパークス電波望遠鏡が太陽系に最も近い恒星として知られるケンタウルス座のプロキシマ・ケンタウリを観察していた時、五時間以上周波数982メガヘルツの自然のものとは思えない奇妙な信号を捉えたことが科学誌に発表されたこと、地球外生命体との接触は1970年代から始められ、現在も巨大な電波望遠鏡を使って何光年も離れた星からの信号を傍受する試みが続いており、コンタクトに成功した場合、どんな言語を使うのか、相手はどんな存在なのか、人類にどんな影響があるのか、などさまざまな議論が科学者の間で繰り広げられている、という報道を見ながら、コリント人への手紙第一1章20節―21節「知者はどこにいるのですか。学者はどこにいるのですか。神は、この世の知恵を愚かなものにされたではありませんか。事実、この世が自分

8月 17th, 2022|

OCC主催集会

会場:オンライン配信
メッセージ:関根一夫師

水曜礼拝8/24 村上 宣道 師

8月24日(水) @ 2:00 PM - 3:00 PM

会場:OCC 8階
メッセージ:村上 宣道 師

水曜礼拝8/31 ベアンテ・ボーマン師

8月31日(水) @ 2:00 PM - 3:00 PM

会場:OCC 8階
メッセージ:ベアンテ・ボーマン師

会場:OCC 8階
メッセージ:アーサー・ホーランド師

他団体集会

ゴスペル

ゴスペル

8月19日(金) @ 10:00 AM - 1:00 PM

清水安三物語

清水安三物語

8月29日(月) @ 10:00 AM - 6:00 PM

ゴスペル

ゴスペル

9月2日(金) @ 10:00 AM - 12:00 PM