1.OCCとは  2.理事・責任役人  3.創立の歴史  4.略年表  ≫ English Information(PDF)
 
  創立者、アイリーン・ウェブスター・スミス  
 
 戦後日本の宣教は、荒廃した日本にキリストの福音を宣べ伝えるために強い召命感をもって来日した宣教師たちを抜きにしては語れない。彼らの愛と勇気に溢れる信仰による伝道活動があったからこそ、福音が日本に根づく第一歩が印されたといってもよいだろう。
OCCの創立者アイリーン・ウェブスタースミス師もその一人として輝く存在である。彼女は、当時の連合軍最高司令官マッカーサー元氏の特別許可を得て、いち早く、かつての宣教地、日本に帰って来て、日本の復興を担う若い学生たちへの伝道の重荷を持ち、今は日本の福音派の一大拠点となったセンターを設立した。このことは、彼女の時代を先取りする優れた才能を示すものとして特筆大書されなければならないことである。
師は、1888年4月11日、ウェールズに生まれた。
10代のある日、ダブリン市でも有名なクリスチャン弁護士の家庭で開かれていた聖書研究会に出席することになった。そこで、生まれてはじめて、「あなたは、主イエス・キリストを自分の親しい救い主、また友として知っていますか。」という質問を受けた。彼女は、この質問に戸惑いを覚えた。その後、そこで、キリストを信じ、受け入れ、家に帰って、自分のベッドの脇にひざまずき、信仰の決心をした。
当時の師の夢は、法廷弁護士となることで、そのための勉強、法律事務所での仕事、スラム街の伝道の手伝いで、その生活は充実したものだった。しかし、その時はすでに、彼女の内には海外宣教への主の働きかけが始まっていた。その働きかけは強くなる一方で、彼女はその思いを避けるため意識して、宣教集会に出席したり海外関係の機関紙を読んだりしないようにしていた。しかも、アル・クイグリーという神学生と将来を約束するまでになっていた。このような状況のもとで、彼女は毎晩「主と論じ合う」経験をすることになった。宣教師となる召命を受け入れることができなかったのである。
「主よ、私は宣教地に行くわけにはいきません。私は弁護士になるための勉強をしていますし、アルと将来を誓い合っています。」と祈った。
このような霊的葛藤の中で、救われて以来、毎月少なくとも一人は主に導いてきていたのに、とうとう2ヶ月間、誰も主に導けなくなってしまった。主への心も冷え、祈りはなおざりにされ、聖書に対する関心も失せていった。しかし、とうとう1915年のイースター礼拝で、悔い改め、「主よ。あなたが望まれるところでしたらたとえ地の果てまでも参ります。」と主に献身を誓った。
ふたたび、伝道所での奉仕に戻った師は、そこで日本伝道隊の二人の宣教師たちにふれ、 1916年12月2日の朝、神戸港に着いた。日本には2年間いる約束だった。来日後、彼女は、慈愛館で若い女性たちの救済活動に捧げきっていた。
師が、何をすべきかを主に祈っていた時、神のご計画に従って、クリスチャンの米軍将校が、自分が始めた大学生対象の聖書研究会を引き継いでくれるように師に求めてきた。すでに60歳を超えた身で学生伝道をすることには体力的な不安を感じはしたものの、主からの新しいチャレンジとして立ち上がった。
こうして始まった東京での師の働きは、巣鴨刑務所に収容され戦犯の人たちにも及んだ。その中からも、イエス・キリストを救い主として受け入れ、主の平安のうちに天に召されていった人たちがおこされた。必要とあれば、どんなことであれ、応答していくのが師の姿勢であった。センターの場所が与えられたいきさつもこの姿勢があったればこその主の奇跡のわざであった。
1971年、元気いっぱい日本を出発した師は、その旅の途中、突如として天に召された。これは、多くの者にとってショックであった。主に捧げられた一つの器が、主の御手に十分に用いられることによって限りない広がりをもつことを。師は今もなお、センターのさまざまな働きを通して語りかけておられる。
 
アイリーン・ウェブスター・スミス    
     
   
若き日のアイリーン・ウェブスター・スミス    
無断での複写、転載を禁じます。 お茶の水クリスチャン・センター 
CopyRight(C)2006- ochanomizu Christian Center All Rights Reserved
トップページ OCCとは イベント情報 OCCビル館内のご案内 アクセス お問合わせ