TOPページ  活動レポート  お問い合わせ

大いなる遺産(08/29)

日野原先生 105歳(07/19)

空梅雨?集中豪雨(06/19)

第60回5周年記念メディカル・カフェ(05/22)

チューリップ(04/27)

2017年度最初のお茶の水メディカル・カフェ(04/11)

ジーンさんがカップケーキ(03/23)

クリスマスローズの仲間たち(03/13)

上野東照宮ボタン(02/07)

お汁粉が人気でした(01/13)

(12/28)

参加者の皆さんのノートより その5(12/06)

第54回 冷たい雨の降る中で(11/22)

参加者ノート その4(11/16)

開設・キリスト教会での懇談会(11/15)

11月4日(金)NHK E テレ放映(11/07)

参加者ノート その3(11/04)

第68回保健文化賞 受賞(10/24)

樋野先生第68回「保健文化賞」の受賞(10/22)

メディカル・カフェ参加模様 その2(10/14)

メディカル・カフェ参加模様(10/04)

白血病・悪性リンパ腫の治療を受け、現在、維持療法中の高山知朗さんは(09/28)

第52回お茶の水メディカル・カフェが開かれました(09/27)

コスモス(09/02)

樋野興夫先生保険文化賞受賞(08/29)

人をおそれるな(08/23)

第51回お茶の水メディカル・カフェが開かれました(08/22)

病気であっても病人ではない(08/04)

94歳のご婦人から(07/31)

パーキンソン病とがんの闘いの中で(07/23)

第50回お茶の水メディカル・カフェ(07/19)

第50回天に祈りを込めて(07/19)

第49回お茶の水メディカル・カフェ(06/29)

出版記念会(06/18)

関東地方も梅雨に(06/06)

御茶ノ水橋のびわ(05/25)

世界で一番貧しい大統領(05/14)

みどりがいい季節です(05/05)

いい覚悟で生きる(05/01)

第47回お茶の水メディカル・カフェ(04/25)

熊本地震(04/18)

2016/11/16(水)参加者ノート その4
お茶の水メディカル・カフェに参加された方々の声を紹介させていただいています。

※ 私は素敵な題名に引かれ、樋野先生のご本に巡り合い、それがご縁でお茶の水メディカル・カフェに参加させていただくようになりました。
94歳、何をするでなし、ひとりで家にいて、井の中の蛙でいるより、やっぱり外へ出て、世の中のことをもっと知りたい、もっと考えたいと思って出かけました。ここには、サマーランドのような温かい雰囲気、これががん患者さんの集まりかと驚くと同時に、本当にうれしくなりました。
みなさん、明るくて前向きで、ご自分の不条理な病気のことなど意に介せず、他への思いやり、先生の教えてくださる「偉大なるお節介」をさりげなく、しかし思いを込めてなさっておられます。素晴らしいことだと感慨無量です。これでこの世の中、今より良くなると希望と喜びが湧いてきた思いでした。
青天霹靂のようながん告知、重なり再発、余命幾許の状態の中から、生きる希望、生きる役割を見つけることなど、普通は考えられません。それなのに、皆様は、見事にそこから悟りを開かれ、乗り越えておられます。
樋野先生の「言葉の処方箋」をいただいて悟られ、乗り越えられたのだと思いますが、素晴らしいことですね。
私も金魚のフンのようにでもついていきたいと心に決めました。私もボーっとしてはいられない、何かを探してやらなければと考えるようになりました。
94歳、何ができるでしょう。私も樋野先生のお言葉の処方箋をいただきたいです。
今は自分の身近なことからできることを探して、ヨタヨタとガンバっているところです。
マイナス×マイナス=プラス、素晴らしいですね。言葉が生きています。
自分のことより他の人のために役立つ、この行為がきっと世の中をよく変えていくことに間違いなくつながると信じて喜んでいます。
このような集会が広く多く広がることに嬉しい希望を持っています。有難うございます。


無断での複写、転載を禁じます。 お茶の水メディカル・カフェ事務局
CopyRight(C)2016- ochanomizu Christian Center All Rights Reserved