TOPページ  活動レポート  お問い合わせ

大いなる遺産(08/29)

日野原先生 105歳(07/19)

空梅雨?集中豪雨(06/19)

第60回5周年記念メディカル・カフェ(05/22)

チューリップ(04/27)

2017年度最初のお茶の水メディカル・カフェ(04/11)

ジーンさんがカップケーキ(03/23)

クリスマスローズの仲間たち(03/13)

上野東照宮ボタン(02/07)

お汁粉が人気でした(01/13)

(12/28)

参加者の皆さんのノートより その5(12/06)

第54回 冷たい雨の降る中で(11/22)

参加者ノート その4(11/16)

開設・キリスト教会での懇談会(11/15)

11月4日(金)NHK E テレ放映(11/07)

参加者ノート その3(11/04)

第68回保健文化賞 受賞(10/24)

樋野先生第68回「保健文化賞」の受賞(10/22)

メディカル・カフェ参加模様 その2(10/14)

メディカル・カフェ参加模様(10/04)

白血病・悪性リンパ腫の治療を受け、現在、維持療法中の高山知朗さんは(09/28)

第52回お茶の水メディカル・カフェが開かれました(09/27)

コスモス(09/02)

樋野興夫先生保険文化賞受賞(08/29)

人をおそれるな(08/23)

第51回お茶の水メディカル・カフェが開かれました(08/22)

病気であっても病人ではない(08/04)

94歳のご婦人から(07/31)

パーキンソン病とがんの闘いの中で(07/23)

第50回お茶の水メディカル・カフェ(07/19)

第50回天に祈りを込めて(07/19)

第49回お茶の水メディカル・カフェ(06/29)

出版記念会(06/18)

関東地方も梅雨に(06/06)

御茶ノ水橋のびわ(05/25)

世界で一番貧しい大統領(05/14)

みどりがいい季節です(05/05)

いい覚悟で生きる(05/01)

第47回お茶の水メディカル・カフェ(04/25)

熊本地震(04/18)

2016/08/04(木)病気であっても病人ではない
永六輔さんが亡くなり、大橋巨泉さんが亡くなり、悲しんで寂しさに浸っている間もなく、都知事選があり、小池百合子都知事の事でメディアは毎日報道にあけくれています。
だれが知事になろうと、とにかく一人一人を大切にする人であってほしい、結局自分のことだけではないかということにならないようにと、祈るばかりです。

ところで、永六輔さんは、パーキンソン病とがんをかかえながら、東日本の被災地へ出かけられました。「誰かとどこかで」のテーマソング「遠くへ行きたい」を「トーホクヘ イキタイ」とおしゃっていたようです。

地震と津波の悲惨なつめあと見た時、永さんは、『大津波 全部持ってけ 馬鹿野郎』と叫んだそうです。
これはやけくその叫びではなく、たとえすべてのものを奪い去っても、負けないぞ、きっと復興してみせる!というガッツが込められた叫びだと受け止めました。
それにしても6年目にはいり、いまだに行方不明の方が2000名を超えているのです。家族の方も死亡届など出せない、というお気持ちでしょう。
キリストの言葉に「からだを殺しても、あとそれ以上なにもできないものを恐れてはいけません」とありますが、体を蝕もうとするものがあっても、〝病気であっても病人ではないぞ”と今日一日を歩んでいきたいと願っています。

広島、長崎の原爆投下の日を迎える8月です。先に逝った人々のいのちを引き継いで生かされていることをしみじみ感じています。
榊原 寛

無断での複写、転載を禁じます。 お茶の水メディカル・カフェ事務局
CopyRight(C)2016- ochanomizu Christian Center All Rights Reserved