TOPページ  活動レポート  お問い合わせ

大いなる遺産(08/29)

日野原先生 105歳(07/19)

空梅雨?集中豪雨(06/19)

第60回5周年記念メディカル・カフェ(05/22)

チューリップ(04/27)

2017年度最初のお茶の水メディカル・カフェ(04/11)

ジーンさんがカップケーキ(03/23)

クリスマスローズの仲間たち(03/13)

上野東照宮ボタン(02/07)

お汁粉が人気でした(01/13)

(12/28)

参加者の皆さんのノートより その5(12/06)

第54回 冷たい雨の降る中で(11/22)

参加者ノート その4(11/16)

開設・キリスト教会での懇談会(11/15)

11月4日(金)NHK E テレ放映(11/07)

参加者ノート その3(11/04)

第68回保健文化賞 受賞(10/24)

樋野先生第68回「保健文化賞」の受賞(10/22)

メディカル・カフェ参加模様 その2(10/14)

メディカル・カフェ参加模様(10/04)

白血病・悪性リンパ腫の治療を受け、現在、維持療法中の高山知朗さんは(09/28)

第52回お茶の水メディカル・カフェが開かれました(09/27)

コスモス(09/02)

樋野興夫先生保険文化賞受賞(08/29)

人をおそれるな(08/23)

第51回お茶の水メディカル・カフェが開かれました(08/22)

病気であっても病人ではない(08/04)

94歳のご婦人から(07/31)

パーキンソン病とがんの闘いの中で(07/23)

第50回お茶の水メディカル・カフェ(07/19)

第50回天に祈りを込めて(07/19)

第49回お茶の水メディカル・カフェ(06/29)

出版記念会(06/18)

関東地方も梅雨に(06/06)

御茶ノ水橋のびわ(05/25)

世界で一番貧しい大統領(05/14)

みどりがいい季節です(05/05)

いい覚悟で生きる(05/01)

第47回お茶の水メディカル・カフェ(04/25)

熊本地震(04/18)

2016/06/29(水)第49回お茶の水メディカル・カフェ
梅雨に入り、皆さんのお出でに足元を心配していましたが、お天気も恵まれて70名余の方々がお集まりくださいました。中には柴田須磨子さんという方は九州福岡からお出でになられました。柴田さんは、福岡でもカフェを開催されていて、しかも福岡ホスピスの会を代表し、子どもを亡くした親の会「虹の会」を開設されています。
実は、7歳になったお嬢さんを亡くされた辛いご経験がある方です。翌日、榊原宛に柴田さんから電話が入り、このことを知りました。私も39年前ですが、当時、6歳になった次男を交通事故で亡くしています。ある雑誌で、私のことを知り、お電話くださったということです。
自分のことは別にしても、柴田さんが、看護師としてだけでなく、多方面で他者のために多くの労をいとわないで動いておられるエネルギーの源は、辛いところを通られたことにあるのだろうかと、感じたことでした。
お電話でしたが、私もまた大きな慰めと励ましをいただいた時でした。
海援隊の「贈る言葉」に、「人は悲しみが多いほど 人には優しくできるのだから」というようなフレーズがあったかと思います。「優しい」という字は「人」と「憂い」という字からなっていますね。その人が悲しい経験をすればするほど人には優しくなっていくのでしょうね。
私たちも、恐れや悲しみを、慰めや優しさで包んで、人にさしあげたいですね。49回のお茶の水メディカル・カフェの報告をお伝えするつもりが、つい私ごとになってしまいした。榊原 寛

無断での複写、転載を禁じます。 お茶の水メディカル・カフェ事務局
CopyRight(C)2016- ochanomizu Christian Center All Rights Reserved