■ アクセス(地図)
藝大ゴスペルアンサンブル
2016年7月結成 
 
東京藝術大学 BIBLESTUDY CLUB主催、有志で結成。
ルリ子・ボーマン さん(ピアノ伴奏)
武蔵野音楽大学ピアノ科卒業後、ドイツに留学。卒業間際にボーマン氏に出会い、クリスチャンとなる。 結婚後、フィンランドの聖書学校で学び、1979年に帰国。翌年より夫婦共に日本での伝道活動を始める。WOGA JAPAN代表、全国13箇所で集会を開き、福音を伝えている。
LIMS(Lord Is My Shepherd)
LIMS(Lord Is MyShepherd)は、詩篇23編(主は私の羊飼い)の言葉のもとに集まった賛美グループです。2018年の2月に『KATÉ』というアルバムの制作しました。日本の賛美が豊かになっていってほしい、そんな想いを持って今後はYoutubeに新しい賛美をたくさん分かち合っていきたいと思っています。
三上 勝久 さん(ギター弾き語り)
1958年、青森県生まれ。高校時代に神に出会い人生が変わる。その後、バブル崩壊によって勤めていた会社が倒産。逆境の中にあっても聖書にはげまされ、現在は株式会社味工房を設立。ゴスペルシンガー兼社長として活躍している。現在までに4枚のアルバムを発表している。その迫力ある魂の叫びは人々の心に直接語りかけている。
月下愛実(つきした まなみ)さん
2017年北海道教育大学岩見沢校芸術課程音楽コース首席卒業。在学中、与えられた賜物を通して神様の栄光が現れるキリストの弟子になりたいという思いの元、大学で出会ったクリスチャンのメンバーと共に賛美グループ”パニメッタ”を立ち上げ、活動を始める。ラブソナタ帯広ゴスペルナイト、ケズィックコンベンションをはじめ、北海道を中心に教団教派を超えて多くの教会で伝道コンサートの演奏者として用いられる。2017年11月、パニメッタファーストアルバムをリリース。クラシックの分野においては、全日本学生音楽コンクールにて、北海道大会大学の部第69回第1位、第71回東京大会奨励賞、東京国際声楽コンクールにて第6回全国大会入選など様々な賞を受賞。これまでに、声楽を板垣恵、三部安紀子、塚田康弘、菊池英美の各氏に師事。現在、武蔵野音楽大学大学院音楽研究科ヴィルトゥオーゾコース1年在籍。
吉田恵 さん(ピアノ)
桐朋学園大学音楽科ピアノ専攻卒。96年渡英。英国王立音楽院演奏家ディプロマ取得。これまでに、ルーマニア国立交響楽団やチェコフィルと共演。また、ルーマニアにてオラウデア市響とグリーグのピアノ協奏曲を共演。クラシック音楽を中心に演奏活動し、ゴスペルの指導にもあたっている。 08年5月ピアノ名曲集CD『~Delighted~』をリリース
チャーリー玉井さん
ホサナホーム所長 生後半年でアメリカに渡る。 
計17年アメリカで生活をする。牧師家庭に育ち、コロンビア・バイブル・カレッジ、マルトノマ神学校、シアトル・セントラル/カレッジで学ぶ。 
 
得意なスポーツの道を選んだが、大怪我により断念。 
手術を行った「医療法人財団荻窪病院」に勤務後、練馬区にある特定非営利活動法人ホサナ 精神障がい者グループホーム 「ホサナホーム」と出会う。今年で施設長になり18年目。
無断での複写、転載を禁じます。 お茶の水クリスチャン・センター 
CopyRight(C)2006- ochanomizu Christian Center All Rights Reserved