■ アクセス(地図)
== 3日以内掲載フライデーナイトでの手話通訳について ==
フライデーナイトでの手話通訳は、3月末をもって終了しました。
== 次回のフライデーナイト ==
2017年4月28日のフライデーナイト 
 
音楽ゲスト MARISAさん 
メッセージ 野田詠氏さん 
 
入場無料(席上献金) 
どなたでもご参加頂けます。

*+†+*――゚ 2017年04月のメッセージ *+†+*――

「 旅の道中に伴われる主 」

  私たちはエルサレムに行こうと、第一の月の十二日にアハワ川を出発
 した。私たちの神の御手が私たちの上にあって、その道中、敵の手、 
 待ち伏せする者の手から、私たちを救い出してくださった。
(エズラ八:三一)

 新年度を新しい教室・学校・職場で迎え、期待に胸膨らませると同時に、不安を感じている方もいらっしゃるかも知れません。聖書は、私達に励ましを語ります。
 捕囚の地から、エルサレムへ帰還する民は、四ヶ月の長旅を経なければなりませんでした。その間、様々な危険があったでしょう。
 しかし、主に寄り頼み、主を信頼して歩んだ時、「私たちの神の御手が私たちの上にあって、その道中、敵の手、待ち伏せする者の手から、私たちを救い出してくださった」のです。

 主に信頼して歩んでも、困難や自分に不都合な出来事がなくなる訳ではありません。イエス様はおっしゃいました。

 わたしがこれらのことをあなたがたに話したのは、あなたがたがわた
 しにあって平安を持つためです。あなたがたは、世にあっては患難が
 あります。しかし、勇敢でありなさい。わたしはすでに世に勝ったの
 です。(ヨハネ一六:三三)

 「世にあっては患難があります」という言葉に「わたしはすでに世に勝ったのです」と続きます。患難がある事を先に警告し、必ずそれを克服出来るという宣言です。

 既にイエス様が勝利を宣言して下さいました。どんな状況環境にあっても、「神を愛する人々、すなわち、神のご計画に従って召された人々のためには、神がすべてのことを働かせて益としてくださることを、私たちは知っています。(ローマ八:二八)」と聖書は語ります。神様の御手が共にあり、私達を救い出して下さる人生を歩む事が出来るのです。

 一人一人遣わされた場所で、イエス様と共に歩んで参りましょう。(岡田義和)
 今後のスケジュール
日付 メッセンジャー 音楽のゲスト
4月28日 野田詠氏 MARISA
5月 5日 祝日の為 フライデーナイトはお休みです
5月12日 アーサー・ホーランド 三上勝久
5月19日 関根一夫 オリーブ
5月26日 小川真 出立樫太
ベック由美子さん 「母のうた」

関根一夫先生 フライデーナイトテーマソング

関根一夫先生 主イエスを礼拝するため
無断での複写、転載を禁じます。 お茶の水クリスチャン・センター 
CopyRight(C)2006- ochanomizu Christian Center All Rights Reserved