■ アクセス(地図)
== 2017年2月17日のフライデーナイト ==
2017年2月17日のフライデーナイト 
 
19:00- 8階チャペル 
入場無料(席上献金) 
手話通訳があります。 
 
音楽ゲスト 斎藤聖宏さん(ギター) 
メッセージ 関根一夫さん 
 
どなたでもご参加頂けます。

*+†+*――゚ 2017年02月のメッセージ *+†+*――

「 いつも喜んでいなさい 」

 いつも喜んでいなさい。 Ⅰテサロニケ 五:一六

 聖書は「いつも喜んでいなさい。」と教えます。しかし、現実社会で、私達は、いつも喜んでばかりでもありません。私達は何故、喜べないのでしょうか?

 私達の一番の錯覚は、喜びが外部から与えられると勘違いしている事です。良い事が起きて、喜びという反応が出ると思い違いをしているという事です。何かが与えられた、何かが起きた、外側から自分に良い事が起きて、反応として喜びが生じると思っているから、喜べないのです。
 それではどうすれば、いつも喜んでいる事が出来るのでしょうか?喜びというのは、自分が自分を喜ばせる事が出来るから、「いつも喜んでなさい」なのです。

 その一番良い方法は、これは、イエス様が教えられた事ですとパウロが語った言葉の中にあります。
「受けるよりも与えるほうが幸いである(使徒二〇:三五)。」

 私達は、与えるという事が幸いであるという事を知って、与える事が出来たら喜べるのです。自分が喜んでいられる為には、自分が与える事です。
 自分が与える事は、自分に主導権があり、自分で自分を喜ばせるという事が出来る様になります。しかし、他人に主導権がある事柄は自分でコントロール出来ません。自分にコントロール出来ない事で気をもみ欲求不満になります。
 与えるという事について、「受けるよりも与えるほうが幸い」だと聖書は教えます。与えるという事で喜びを経験出来たら、いつでも自分で自分の喜びを管理出来、周りに管理権を任さないですみます。

 私達は、自分の喜びを他人に任せていないでしょうか?管理権を、他人に渡していると、他人がその気にならないと、自分はいつも喜べない人生になってしまいます。

 「いつも喜んでいなさい。」という生き方は、「受けるより与える方が幸いです」という生き方です。(岡田義和)
 今後のスケジュール
日付 メッセンジャー 音楽のゲスト
2月24日 早坂恭(東村山福音自由教会牧師) Appetizer
3月 3日 佐藤勇(KGK主事)  
3月10日 アーサー・ホーランド 三上勝久
3月17日 関根一夫 小堀英郎さん(ピアノ)
ベック由美子さん 「母のうた」

関根一夫先生 フライデーナイトテーマソング

関根一夫先生 主イエスを礼拝するため
無断での複写、転載を禁じます。 お茶の水クリスチャン・センター 
CopyRight(C)2006- ochanomizu Christian Center All Rights Reserved