■ アクセス(地図)

*+†+*――゚ 2018年08月のメッセージ *+†+*――

「 平和を実現する 」

 平和を実現する人々は、幸いである、/その人たちは神の子と呼ばれる。マタイ5:9【新共同訳】


2018年8月6日(月)広島県知事湯崎英彦氏は、挨拶の中で核抑止力について以下の様に話していました。


 核抑止力の本質は何か。簡単に子供に説明するとすれば、このようなものではないでしょうか。

 「いいかい、うちとお隣さんは仲が悪いけど、もし何かあれば、お隣のご一家全員を家ごと吹き飛ばす爆弾が仕掛けてあって、そのボタンはいつでも押せるようになってるし、お隣さんもうちを吹き飛ばす爆弾を仕掛けてある。一家全滅はお互い、いやだろ。だからお隣さんはうちに手を出すことはしないし、うちもお隣に失礼はしない。決して大げんかにはならないんだ。爆弾は多分誤作動しないし、誤ってボタンを押すこともないと思う。だからお前は安心して暮らしていればいいんだよ」

 一体どれだけの大人が本気で子供たちにこのような説明をできるというのでしょうか。
 良き大人がするべきは、お隣が確実に吹き飛ぶよう爆弾に工夫をこらすことではなく、爆弾はなくてもお隣と大げんかしないようにするにはどうすればよいか考え、それを実行することではないでしょうか。
(全文を広島県のHPからご覧頂けます。https://www.pref.hiroshima.lg.jp/soshiki/52/30heiwakinensikitentijiaisatu.html)


8月9日(木)長崎を訪れた国際連合事務総長 アントニオ・グテーレス氏は、次のように語りました。

私たちは、日々平和を第一に考え、紛争の予防と解決、和解と対話に努力し、そして紛争と暴力の根源に取り組む必要性を、今一度思い出そうではありませんか。

平和とは、抽象的な概念ではなく、偶然に実現するものでもありません。平和は人々が日々具体的に感じるものであり、努力と連帯、思いやりや尊敬によって築かれるものです。
(全文を国際連合広報センターHPからご覧頂けます。http://www.unic.or.jp/news_press/messages_speeches/sg/29600/)


73年前の敗戦と、それに至る様々な出来事が報道される8月、キリスト者として、遣わされた場で、平和について考え、平和を実現する者でありたいと願います。(岡田義和)
 今後のスケジュール
日付 メッセンジャー 音楽のゲスト
8月24日 広瀬志保 ちるうた
8月31日 藤原導夫 OBI音楽家教師陣
9月 7日 アーサー・ホーランド 三上勝久
ベック由美子さん 「母のうた」

関根一夫先生 フライデーナイトテーマソング

関根一夫先生 主イエスを礼拝するため
無断での複写、転載を禁じます。 お茶の水クリスチャン・センター 
CopyRight(C)2006- ochanomizu Christian Center All Rights Reserved