2019年3月13日(水)
 私たちを試みに会わせないで、悪よりお救いください。
(マタイの福音書6章13節)

<<関連聖句>>
1.創世記3章1節―14節
2.ヨブ記1章6節22節―2章7節
3.ヤコブの手紙1章12節ー16節
4.ペテロの手紙 第一 4章12節ー14節
<< ヒント >>
 マタイの福音書4章1節に「さて、イエスは、悪魔の試みにを受けるため、御霊に導かれて荒野に上って行かれた。」と「試み」は悪魔によってもたらされるものであることを語っていますが、創世記22章1節(口語訳聖書)には「これらの事の後、神はアブラハムを試みて(新改訳聖書:試練に会わせられた。

)彼に言われた。

『アブラハムよ』彼は言った、『ここにおります』」と、神が試みることが記載されているように、聖書は悪魔の試みと神の試みについて語っていますが、悪魔が試みる時は、罪を犯すように誘惑することを、神が「善悪の知識の木から取って食べてはならない。

それを取って食べるとき、あなたは必ず死ぬ。

(創世記2章17節)」と仰せられたことばを「あなたがたは決死して死にません。

あなたがたそれを食べるその時、あなたがたの目が開けあなたがたが神のようになり、善悪を知るようになることを神は知っているのです(3章4節―5節)」と神のことばを完全否定してエバが罪を犯させるように語ったことばに見ることができます。

一方、神が与える試みは信仰に立っているかどうかを吟味させてくださるだけでなく、主が多くの苦しみによって従順を学ばれ完全な者とされたように(ヘブル人への手紙5章7節)、従順を学ばせてくださり、ペテロの手紙 第一 5章10節が「あらゆる恵みに満ちた神、すなわち、あなたがたをキリストにあってその永遠の栄光の中に招き入れてくださった神ご自身が、あなたがたをしばらくの苦しみの後で完全にし、堅く立たせ、強くし、不動の者としてくださいます。」と語っているように、私たちの益のためにあるのです。

今日の聖句「私たちを試みに会わせないで、悪よりお救いください。」は、弟子たちがイエス様に「主よ。

ヨハネが弟子たちに教えたように、私たちにも祈りを教えてください。」という願いに応えて教えてくださった祈りの最後に仰せられた内容です。

イエス様も私たちと同じように試みに会われたのですから、試みに会ったとき、世の人々のように神から罰を当てられたと考えるのではなく、悪魔の試みでさえも私たちの信仰が強められるための訓練であることを心に留めて、信仰の完成者であるイエス様から目を話すように仕向けてくる悪魔の試みに負けないように、どんなできごとの背後にも主の目的があることを覚え、「罪を犯させようとする悪魔の試みに会わせないでください。」と祈り、悪から救ってくださる主を信頼して生きようではありませんか。

日々の聖書とメッセージ (「賛美と聖書の集い」ボーマン・ルリ子 )