2017年11月15日(水)
 知恵の正しいことは、その行いが証明します。
(マタイの福音書11章19節)

<<関連聖句>>
1.箴言2章1節—12節
2.ヨハネの福音書3章16節—20節
3.ガラテヤ人への手紙5章16節—24節
4.ヤコブの手紙3章13節—17節
<< ヒント >>
 ヤコブの手紙3章13節ー17節は「あなたがたのうちで、知恵ある、賢い人はだれでしょうか。

その人は、その知恵にふさわしい柔和な行いを、良い生き方によって示しなさい。

しかし、もしあなたがたの心の中に、苦いねたみと敵対心があるならば、誇ってはいけません。

真理に逆らって偽ることになります。

そのような知恵は、上から来たものではなく、地に属し、肉に属し、悪霊に属する者です。

ねたみや敵対心のあるところには、秩序の乱れや、あらゆる邪悪な行いがあるからです。

しかし、上からの知恵は、第一に純真であり、次に平和、寛容、温順であり、また、あわれみと良い実とに満ち、えこひいきがなく、見せかけのないものです。」と、行いによって上からの知恵とそれ以外の知恵に生きているかが判明することを語っています。

ところでヘブル人への手紙12章14節—16節が「すべての人との平和を追い求め、また、聖められることを追い求めなさい。

聖くなければ、だれも主を見ることができません。

そのためには、あなたがたはよく監督して、だれも神の恵みから落ちる者がないように、また、苦い根が芽を出して悩ましたり、これによって多くの人が汚されたりしないように、また、不品行の者や、一杯の食物と引き替えに自分のものであった長子の権利を売ったエサウのような俗悪な者がないようにしなさい。」と語っているようにだれでも苦い根をもっていることを、その根から芽がでないようにする秘訣は神の恵みから落ちないようにすることであることを語っています。

イエス様が語られた今日の聖句「知恵の正しいことは、その行いが証明します。」を時折考え、エサウのように神から与えられている特権をないがしろにし、世の人々と同じように自己満足を求め、さまざまな情欲や欲望に生きるのではなく(ガラテヤ人への手紙5章24節)、罪人のためにいのちをささげられただけでなく、私たちの罪深さ、弱さをよくご存じでとりなしていてくださる主の恵みを覚え、神の知恵である真理のみことばに則って生きようではありませんか。

日々の聖書とメッセージ (「賛美と聖書の集い」ボーマン・ルリ子 )